文字サイズ 文字が小さくなります 標準サイズの文字です 文字が大きくなります
0776-41-3377
病院の案内:病院概要、施設案内、診療サポート部門ごとの紹介など病院に関する情報が掲載されています。
お知らせ

 
6月はリウマチ月間です

当院では、感染管理認定医師・看護師・薬剤師・ 臨床検査技師が中心となった院内感染対策チーム(ICT)がお互いの専門分野を生かしながら実践的な院内感染対策に取り組んでいます。そんな感染のプロたちに、この時季流行る感染症について詳しくききました。

寒くなるとノロウイルスやインフルエンザなどの感染症が流行し始めます。
なぜ、冬に感染症が流行するのでしょう?
感染症の原因となるウイルスは、食品や環境の中で増えることはありませんが、空気中で長く滞在できる環境が整っていると、感染する確率も上がってきます。

つまり、冬の冷たくて乾燥した空気は、ノロウイルスやインフルエンザウイルスなどにとって、最も生存に適しているので、感染症が流行しやすいといえます。

-インフルエンザ-

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因の感染症です。
インフルエンザは通常の風邪に比べて症状が重く、抵抗力の弱い高齢者や乳幼児などは、肺炎など合併症を起こしやすいので要注意です。

  • 流行時期
    11月下旬から12月上旬に始まり、ピークは翌年の1月から3月ごろ
  • 潜伏期間
    24時間から36時間
  • 主な症状
    突然の発熱(38度以上)、全身症状(倦怠感、筋肉痛、悪寒など)、呼吸器症状(のどの痛み、咳など)

-ノロウイルス感染症-

ウイルスの中でも特に小さいノロウイルスが原因の感染症です。
一般的には、カキなどの二枚貝などの「食中毒」の原因として注目されていますが、
最近は、ヒトからヒトへの感染や汚染された器具を介して感染するケースも重要視されています。

  • 流行時期
    11月下旬から件数が増加し始め、ピークは12月から翌年の3月ごろ
  • 潜伏期間
    24時間から48時間
  • 主な症状
    嘔吐、吐気、腹痛、下痢、風邪のような症状(発熱は38度以下が多い)

  • 咳エチケット
  • 咳のある時はティッシュペーパーで口と鼻を覆い、マスクを正しく着け、使ったティッシュペーパーは速やかにゴミ箱に捨てましょう。
    使ったティッシュペーパーをいつまでもそのままにしておくと感染の原因になります。
  • 痰(たん)などの呼吸器分泌物に触ったあとは、手洗いを必ずしましょう。
  • 咳のある時は隣りの人との距離を1メートル以上空けるとよいでしょう。
  • 正しい手洗い方法
  • 当院では、院内感染対策チーム主催の手洗い講習が開催されます。
    受講生は、手に特別な透明なクリームをぬって、いつもと同じように手洗いを行います。
    その後、手を乾かし特別なライトにあてると、手洗いの不十分な箇所が浮き出てきます。
    私はきちんとできていると思っていても意外に洗い残している部分ががあるみたいです。
    そこで、院内感染対策チーム直伝の正しい手洗いを伝授!!皆さんもぜひお試しください。
  • 手をよくぬらして、手のひらにまんべんなく泡が広げるように洗う(手のひら スリスリ)
  • 両手を重ねて手の甲もまんべんなく洗う(手の甲 スリスリ)
  • 片方の手のひらで反対の指先や爪の間を洗う(指さき ゴシゴシ)
  • 指の間は両手を組んで洗う(あいだも ゴシゴシ)
  • 親指は忘れがちな付け根までつかんでまわしながら洗う(親指 グリグリ)
  • さいごに手首をつかんで洗う(手首も グリグリ)

以上です。いかがでしたか?普段、皆さんが行っている手洗いと同じでしたか?


緊急のときはこちらをクリック!
時間案内
外来受付時間
  • 平日
  • 午前の部  7:30-12:00
  • 午後の部 13:30-16:00
  • 夕方の部 17:00-19:00
  • 土曜
  • 午前の部  7:30-12:00
  • 午後の部 13:00-17:00
  • 日曜・祝祭日 休日
    ※緊急・急患はいつでも受け付けております。
  • 土曜日12:00以降、 日曜・祝祭日は 当番医が担当します。

入院面会時間
  • 10:00-20:00
日本医療機能評価機構
BHI賞'11 ホームページ部門 最高賞 受賞
7