文字サイズ 文字が小さくなります 標準サイズの文字です 文字が大きくなります
0776-41-3377
外来診察:診察の流れ、診療科の案内、専門医療の紹介など外来に関する情報が掲載されています。
消化器病センター

あなたの「おいしい」のためにお腹の健康を守るセンターです。

生きていくうえで必要不可欠な食べ物。それら食物からエネルギーを取り出しやすくするために体がおこなっていることが「消化」です。
そしてその「消化」をおこなう食物の通り道や、「消化」を手助けする臓器のことを「消化器」といいます。 そのため消化器に病気が見つかると、食べ物の栄養が効率的にからだの中に吸収されなくなったり、食べ物をおいしく食べられなくなったりします。
消化器病センターは、みなさまの「おいしい」のために消化器の健康を守ることを専門としています。

消化器官のはたらきと主な対象疾患
消化器系は食べ物を消化しながら運搬する「消化管」と食べ物の消化を助ける様々な分泌物出す「消化腺」に分けられます。食道・胃・十二指腸・小腸・大腸が「消化管」で、肝臓・膵臓・胆のうが「消化腺」にあたります。
  • 食道:食べ物を胃に送り込みます
  • →逆流性食道炎、食道ポリープ、食道腫瘍
  • 胃:たんぱく質の消化を行います
  • →胃潰瘍、胃がん、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍
  • 十二指腸:栄養の一部を吸収します
  • →十二指腸潰瘍
  • 小腸:栄養の大部分を吸収します
  • 大腸:水分を吸収して便にします
  • →大腸炎(感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病等)、 大腸がん、直腸がん、直腸炎、直腸腫瘍、痔核
  • 肝臓:脂肪の消をする消化液(胆汁)をつくります
  • →ウイルス性肝炎、肝臓がん、肝疾患
  • すい臓:炭水化物、たんぱく質、脂肪の消化液を作ります
  • →すい腫瘍、すい臓がん、すい炎
  • 胆のう:肝臓でつくられた胆汁を一時的にためておきます
  • →胆のう腫瘍、胆のうがん、胆石症、胆のうポリープ
胃腸科のスケジュールへ⇒

消化器系の検査

当センター行っている消化器系の検査をご紹介します。

内視鏡検査・・・カメラを使った検査

上部内視鏡検査(食道・胃・十二指腸など)

口から内視鏡(カメラ)を入れて、食道、胃、十二指腸などを調べます。尚、当センターでは、「おえっ」となりにくい鼻から内視鏡を入れる「経鼻内視鏡」も行なっております。

下部内視鏡検査(全大腸、S状結腸)

浣腸または下剤等で大腸内を空っぽにし、内視鏡を用いて大腸を観察します。
内視鏡のページへ⇒

CT検査・・・X線を使った検査

X線を利用して、体の輪切りの画像を作る検査です。
その画像をもとに立体的な画像を作り出すことも可能です。これによって、患部の情報をより詳しく知ることができます。
CT検査のページへ⇒

MRI検査・・・磁気を使った検査

強力な磁気を利用して、体の断面の画像を作る検査です。
骨の影響をうけることがないため、分厚い骨に囲まれた脳や脊椎の検査で力を発揮します。また、MRI検査は強力な磁気を用いる検査です。
MRI検査のページへ⇒

超音波検査・・・超音波を使った検査

超音波を使って、臓器の状態、血管の状態を調べます。痛みや苦痛もない体にやさしい検査で何度でも繰り返し受けることができます。
超音波検査(エコー検査)のページへ⇒

造影検査・・・造影剤を使った検査

上部消化管造影検査

液状、または固形状の造影剤を口からどのように消化管の中を通っていくのか、異常なところがないかを画面をみながら確認します。

大腸造影検査

下剤等でお腹を空っぽにして、大腸に空気と造影剤を注入し体の向きを変えながら大腸をレントゲンで撮影します。

腹部血管造影検査

カテーテルと呼ばれる、数ミリの細い管を使って造影剤を注入しレントゲンにて病変を診断します。


消化器系の治療

患者さまとの話し合いの場を多く設け、患者さまの家庭的・社会的立場なども考えながら、負担の少ない、希望に添った、最適な治療法を提供できるよう努めます。
治療に関して、少しでも不安や疑問に感じたことは、どうぞ気軽にご相談ください。


『胃がん』ってどんな病気?

胃は、体外からの食べ物や胃液という強力な酸性の消化液、潰瘍の原因と言われているピロリ菌など、さまざまな刺激にさらされているため、潰瘍やがんができやすい環境だといえます。そんな環境で胃の粘膜から発生したがんは、イボのような隆起した固まりのものや、潰瘍のように陥没したもの、胃の粘膜の表面ではなく深層部で這うように増えていくものなど、その形態はさまざまです。また、胃がんそのものは遺伝しませんが、食生活を中心とした生活習慣が大きく影響してくるため、家族で胃がんにかかった人がいる場合には注意が必要です。

お腹を切らずに胃がんを摘出

ESDは内視鏡的粘膜下層剥離術(ないしきょうてき ねんまくかそう はくりじゅつ)といい、内規鏡を用いた代表的な早期がん治療の一つです。さまざまなタイプの電気メスを駆使して、モニターを見ながらがんの病巣をはぎ取っていくこの治療法は、医師の熟練した手技と、それをサポートするスタッフとのチームワークが重要となります。

病期(ステージ)って何?

病期(ステージ)とは、病気の進行の程度を示す言葉で、適切な治療を行う上の要件の一つです。がんの病期は発生部位よって分類が異なってきます。胃がんや大腸がんは、がん細胞がどの程度深く入り込んでいるか(深達度:しんたつど)、周りの組織への影響(浸潤:しんじゅん)、リンパ節や他臓器への転移の有無などで分類されます。

ESDに適した病期(ステージ)

胃壁の断面図

がんが発生する胃の壁は右図のとおり、いくつもの層からできています。がん細胞がどの層まで達しているか(深達度)、と広がり方(転移)で病期(ステージ)が決められます。そして、この病期(ステージ)によって、治療法も変わります。
内視鏡を使ったESDは下図の線で囲まれた早期のがんに適した治療法です。お腹を切らずにがんを取り除くこの方法は、患者さまの身体にかかる負担も少なく、早期に日常生活に戻ることができます。

胃がんのステージ

■胃がんのステージ

ESDのながれ

ESDの流れ 1:マーキング
マーキング
内視鏡で観察しながら、病変部周りに切り取る範囲の目印をつけていきます。


ESDの流れ 2:局注(きょくちゅう)
局注(きょくちゅう)
粘膜の下層に薬剤を注入して、病変部を浮かせた状態にします。


ESDの流れ 3:切開(せっかい)
切開(せっかい)
マーキングをとり囲むように、電気メスで病変部周囲の粘膜を切っていきます。


ESDの流れ 4:剥離(はくり)
剥離(はくり)
病変部下層を少しずつ慎重に、はぎ取っていきます。


ESDの流れ 5:切除・止血(せつじょ・しけつ)
切除・止血(せつじょ・しけつ)
最後まではぎ取れば、病変部分の切除は完了。その後、切り取った部分を回収、止血処置をして終了です。

侵襲の少ない腹腔鏡手術

当院では、一部の大腸がんや胃がんの治療に腹腔鏡下手術を取り入れています。
大腸がんは、全長2メートルにも及ぶ大腸(直腸・結腸・肛門)に発生するがんで、日本人は特にS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。
大腸がんも胃がん同様、粘膜から発生し、さまざまな形態で浸潤します。
代表的な症状の一つとして、便に血液が混ざることがあるため、自覚症状があらわれにくい早期がんの場合、健康診断の検査で発見されるケースも少なくありません。

胃がんの腹腔鏡下手術に関しては、まだ臨床研究的な治療方法の段階ですが、体にやさしい治療法として、将来普及するようになる治療法だと考えられています。

検診で大腸がんの早期発見を

大腸がんは早期であれば、ほぼ100パーセント近く完治するとまで言われています。しかし、早期がんは自覚症状がほとんどありません。ということは、症状がないときにがんを発見できるがということが大きなカギとなります。
そのとき力を発揮するのが、便潜血反応検査です。ご存知の方も多いでしょう。
この検査は、食事の制限、痛みや苦痛も伴わない簡単にできる早期がん発見に有効です。

腹腔鏡に適した病期(ステージ):大腸

胃壁の断面図大腸の壁も胃と同じく、いくつもの層からできています。細胞がんが粘膜にとどまっているものと、粘膜下層(ねんまくかそう)に浸潤しているものを「早期がん」、固有筋層(こゆうきんそう)がらさらに深い層に浸潤しているものを「進行がん」といいます。腹腔鏡下手術は下図の線で囲まれた病期の治療に適しています。

大腸がんのステージ

■大腸がんのステージ

 

 

手術

チーム医療による、的確な手術治療や合併症の予防、術後のケアなどの取り組みをおこなっています。

腹腔鏡手術

体力の消耗が少なく、傷跡も小さい腹腔鏡手術を応用して多用な内臓疾患に対応しています。

RFA (ラジオ波焼灼療法) 治療

がん細胞を焼灼(焼くこと)でがん細胞を死滅させます。最近では切除が不可能な肝臓がんにも用いられるようになり、低侵襲の治療に一役かっています。

インターフェロン治療

インターフェロンはウイルスや細菌に感染したときに細胞から分泌されるたんぱく質です。ウイルスや細菌の増殖を抑えたり、消滅させるはたらきをもっています。

ピロリ菌駆除

胃がんの大きな原因といわれるピロリ菌を薬を使って除菌します。

PPH法(痔核の治療)

PPH法とはメスを使わず、PPHと呼ばれる画期的な器具を用いる手術です。
痛みが少なく、手術時間も約30分程度で終わり、術後の痛みも少なく、肛門もきれいになります。2008年、PPH法が保険適用となり、より身近な治療法となりました。

緊急のときはこちらをクリック!
時間案内
外来受付時間
  • 平日
  • 午前の部  7:30-12:00
  • 午後の部 13:30-16:00
  • 夕方の部 17:00-19:00
  • 土曜
  • 午前の部  7:30-12:00
  • 午後の部 13:00-17:00
  • 日曜・祝祭日 休日
    ※緊急・急患はいつでも受け付けております。
  • 土曜日12:00以降、 日曜・祝祭日は 当番医が担当します。

入院面会時間
  • 10:00-20:00
日本医療機能評価機構
BHI賞'11 ホームページ部門 最高賞 受賞