大阪の救急医療現場から福井へ。チームワークの良さがこの病院の機動力。更なるスキルアップをめざしています。

医師

平成26年 入社

大阪で救急医療を経験後、福井へ、興味のあった循環器分野への挑戦

新臨床研修医制度導入の初年度に、富山大学病院のさまざまな診療科の研修を二ヶ月毎にローテイトしました。その後、「救急医療が発達していない地方でも都会と同じような救急医療が提供できるようになりたい」と思い、大阪の救命センターで後期研修医として研鑽を積みました。
今回、家庭の事情により妻の実家がある福井に来ることになりました。福井では、救急医療だけで働くことは難しいと考えていたので、これを機に特に興味のあった循環器の分野を専門に勉強しようと思いインターネットなどで福井の病院の情報を収集しました。当院のホームページは大変充実していて、特に循環器専用ページには、病気のことから使用している医療機器まで詳細に紹介されていたので、最先端の循環器診療を行っていることがうかがえました。また、実際に見学もさせていただいて、当院での就職を決めました。

画像

循環器の治療や検査の手技、設備のレベルに驚きました

就職後も自身のイメージとのとギャップもほとんどなく、スタッフ間の雰囲気も良かったので自然に溶け込むことができました。また循環器の治療や検査に関して、アブレーション(心筋焼灼術:しんきんしょうしゃくじゅつ)の件数や心エコーのレベルなど、県内トップクラスの治療や手技、設備を実際目にして、この規模の病院でもここまでできるのかと驚きました。逆に今は、この規模とチームワークの良さが、病院の機動力に繋げられるのかもしれないと感じています。
医療の世界はマンパワー、チーム医療で支えられています。この機動力を活かして、医療を充実させるためにも、医師やコメディカルの人材確保と育成が重要なポイントになると思います。そのためにも、まずは自身も含めた個々の向上、コメディカルとのチームワークが必要だと改めて実感しています。

プライベートも充実させながら、専門分野でのスキルアップと、救急医療を福井に還元していきたいです

家族で大阪から福井にきたのですが、福井は、子育てをするにもとてもいい環境だと感じています。休日は、公園で趣味のランニングをしたり、子どもと一緒に自然に触れたりして、病院とは真逆のゆったりした時間をプライベートでは過ごすことができています。
ようやく福井にも病院にも慣れてきました。今後、不整脈の専門医と超音波検査の専門医を習得することが今の目標です。専門知識を学び、更なるスキルアップをめざしていきたいと思っています。それと、大阪で勉強してきた救急医療をいずれは福井に還元したいという志を持って今、働いています。

他のインタビューを見る

  • LINK 写真画像
    • 【医師】
    • 平成26年 入社
    • 資格・免許
    • 医師
  • LINK 写真画像
    • 【看護師】
    • 平成元年 入社
    • 資格・免許
    • 感染管理認定看護師
  • LINK 写真画像
    • 【看護師】
    • 平成26年 入社
    • 資格・免許
    • 看護師
  • LINK 写真画像
    • 【看護師】
    • 平成17年 入社
    • 資格・免許
    • 看護師
  • LINK 写真画像
    • 【薬剤師】
    • 平成26年 入社
    • 資格・免許
    • 薬剤師
  • LINK 写真画像
    • 【看護補助者】
    • 平成20年 入社
    • 資格・免許
    • 介護福祉士
  • LINK 写真画像
    • 【臨床検査技師】
    • 平成18年 入社
    • 資格・免許
    • 臨床検査技師
  • LINK 写真画像
    • 【診療放射線技師】
    • 平成26年 入社
    • 資格・免許
    • 診療放射線技師
青い鳥