病院の医療を知る

専門センターのハイクオリティな医療や、当院ならではの医療をご紹介します。 青い鳥

  • 腹腔鏡手術

    患者さまの負担の軽減を第一に考え、当院はいち早く腹腔鏡手術を取り入れました。

    全国レベルの治療実績

    腹腔鏡手術画像

    切開手術がまた一般的だったころから、当院では腹腔鏡手術をいち早く導入し、症例数をあげてきました。県内唯一の胆石外来を設置、胆のう結石などの全患者さまを全国から受け入れると共に、治療レベルの高さから他病院への技術指導も行いました。

    患者さまの負担を軽くするがん治療へ

    これまでの実績を基に現在は、一部の大腸がんや胃がんの治療にESDや腹腔鏡手術を取り入れています。
    また、消化器病センターでは内科や外科などの垣根を越えて、専門スタッフがチームを組み、最善の治療を提供しています。

  • 循環器センター

    心臓病の治療にに特化した医療センターを併設しており、「日本循環器学会 循環器専門医関連施設」に認定を受けています。

    アブレーション治療 通算実績1000件

    機器画像

    最新テクノロジーと高度な技術が求められるこの治療法において、2009年の年間のカテーテルアブレーション件数は105件で県内第1位となり、県内シェアの半分となりました。また、近年の治療件数は県内の上位に位置し続けており、通算治療件数1000件(2020年2月現在)の実績をあげています。

    三次元ナビゲーションシステム導入

    三次元ナビゲーションシステム画像

    当センターでは、アブレーション治療の際、三次元ナビゲーションシステムを用いています。
    これにより、今まで見つけることが困難だった不整脈の多くも根治することが可能となりました。
    ひとりでも多くの患者さまを助けたい思いで、当センタースタッフ全員が日々努力を重ねています。

  • 内視鏡センター

    辛くない検査を多くの人に、という願いから内視鏡センターが設立されました。「日本消化器内視鏡学会 指導施設」に認定を受けています

    優れた技術をより多くの人に

    機器画像

    「辛いのが当たり前」と言われていた内視鏡検査。しかし、できるだけ不安を取り除いて、辛くない検査を受けていただきたいというのが私たちの願いです。その願いから、当院では内視鏡センターを立ち上げました。 検査のほか、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などの治療実績を積み重ねています。 患者さまにとってメリットの大きな日帰り手術も積極的に取り入れ、負担の少ない治療を目指しています。

    医療機器の発展、医師の確かな技術を基盤に、早期発見・早期治療の願いのもと、「どうしたらより多くの人に、楽に安全に内視鏡検査・治療を受けていただけるのか」を考えていきます。

  • 回復期リハビリテーション病棟

    患者さまが退院後、今までと同じ生活を送れるよう、入院中毎日、専門スタッフがリハビリのサポートできる体制を整えた病棟です。

    いままでと同じ暮らしを送れるように最善を尽くす

    リハビリ画像

    患者さまが少しでも早く日常を取り戻せるよう、回復期リハビリテーション病棟では、専門スタッフが365日常駐し、入院生活の中でリハビリを行います。 医師や、介護福祉士、理学療法士、言語聴覚士、など各分野の専門スタッフとチームを組んで、患者さまに合わせたリハビリの計画を立てます。

    患者さまに寄り添い、未来をサポートする

    スタッフ画像

    ご家族の在宅介護・看護への不安のご相談を受けたり、介護サービス施設のご紹介など、退院後も安心して生活を送れるように、サポートを行います。 患者さまとしっかり向き合い、一緒に未来を考える責任のある仕事です。