現在、感染予防対策を徹底し、通常通り診療を行っております 新型コロナウイルス感染症への対策について

病棟のご案内

目次

病棟のご案内

当院の病棟は、大きく5つに分けられます。

2E病棟(地域包括ケア病棟)

自宅での療養に不安がある患者さんが、もう少し入院期間を延長して治療やリハビリを行い、地域で安心して生活できるように退院を支援していく病棟です。

地域包括ケア病棟って?

病気の症状が急激にあらわれる時期(急性期)を経過し、症状が安定した患者さんに対して、自宅や介護施設への復帰への復帰に向けた医療支援を行う病棟のことを言います。


【たとえば・・・】

日常生活に戻るキモチの準備と、必要な心身機能の回復
地域包括ケア病棟では治療に加え、日常生活に戻るための支援を専門スタッフが行います。

退院後、自宅で必要なサービスを受けるためのケアプランの作成
地域包括ケア病棟に入られた方が、退院後の自宅での生活を見据えたサービスの提供を、ケアマネージャーや社会福祉士が中心となって準備します。

2W病棟(整形外科)

胃や腸といった消化器系の治療を中心としている病棟です。
内視鏡治療・腹腔鏡・胸腔鏡下の手術が多く、クリニカルパスを使った治療が充実しています。

クリニカルパスって?

クリニカルパスとは、ある病気の治療や検査に対してのスケジュール表のことで、一つの検査や治療ごとに作られています。クリニカルパスは医療者用と患者さん用の2つがあります。患者さん用のクリニカルパスには、どんな検査や治療がいつ行われるか、いつ頃退院できるかはもちろん、食事や処置などの説明が日ごとに詳しく説明されています。

2S病棟(循環器)

心臓など循環器系の治療・検査を中心としている病棟です。
心臓カテーテル検査やアブレーション、冠動脈インターべンションなどの治療などを行っています。なかでもアブレーションの実績は、県内トップクラスです。

また、整形外科の急性期から在宅療養に向けて医師、看護師、リハビリスタッフ、ケースワーカーがチームとなって治療を行っています。

3E病棟(回復期リハビリテーション病棟)

専任の医師、看護師・リハビリスタッフを中心としたチームを組み、日常生活で必要な動作がスムーズにできるような充実したリハビリテーションを提供しています。

回復期って?

回復期とは急性期の治療を受けて、病状が安定し始めた頃を指します。
この時期に寝たきりを防止し、日常生活の必要な動きが向上するように、集中的なリハビリ訓練を行い、家庭復帰を目指す病棟が「回復期リハビリ病棟」です。

リハビリ課のページへ⇒

3W病棟(ストレスケア病棟)

こころの疲れを癒す病棟です。
多職種によるチーム医療で、主にうつ病や神経症の治療を行っています。
全開放型病棟でデイケア(大規模)も併設されています。

ストレスケア(精神科)のページへ⇒

目次
閉じる