現在、感染予防対策を徹底し、通常通り診療を行っております 新型コロナウイルス感染症への対策について

入院が決まったら(ストレスケア病棟)

目次

入院が決まったら(ストレスケア病棟)

医師の診断により入院が必要になった場合、担当者が入院の手続きやそれに関する相談などをうけたまわります。病室のご希望をうかがいますが、ご希望に添えない場合はご了承願います。入院日時などの変更、取り消しをされる場合はお早めにご連絡ください。入院中の自動車の持ち込みは禁止されています。入退院時はご家族の送り迎えでお願いいたします。

入院日時の変更・取り消しのご連絡先

入院当日

入院当日は以下の流れとなります。(即日入院を除く)

  1. 診察券と入院予約券をお持ちの方はストレスケア外来受付にお出しください。
  2. 病棟看護師がお部屋までご案内します。
  3. 病室で以下のものを確認します。
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 入院申し込み並びに連帯保証書
  • 各種同意書(任意入院同意書・実費によるサービス利用同意書)
  • 患者基本情報用紙

該当する方のみ提出していただくもの

  • 限度額適用証明書(70歳未満の方が対象)
  • 退院証明書

入院時に準備するもの

検査や治療のための入院生活を送られる方に準備していただきたいものですが、入院期間が短い場合は必要のないものもございます。「これはどうかな?」と思うものに関しては、手続きの際におたずねください。

  • 現在服用している薬および薬の説明書(飲み薬、目薬、貼り薬、注射薬などすべて)
  • 室内用履物(滑らないもの)、下着、きゅうす(割れにくい小やかん)

入院セットサービスのご案内

当院では、ご家族の負担を少なくするために、ご入院中に必要なパジャマ、タオル類を専門業者によりレンタルにてご利用いただく入院セットサービスを提供しております。詳しくは、手続きの際におたずねください。

入院セットをご利用されない方は、下記のものをご準備願います。

  • 洗面用具:歯ブラシ、石鹸(ボディーソープ)、シャンプー類、くし、電気かみそり
  • 食事用具:はし、スプーン(大、小各1本)、コップ
  • 日用品:寝衣(パジャマ)、タオル5枚程度、バスタオル2枚程度、ティッシュペーパー

洗面用具、食事用具、日用品などは 院内コンビニにて購入することもできます。

プリペイドカード

テレビカード

当院では、このプリペイドカードでテレビ・冷蔵庫・ランドリーをご利用いただけます。カードは、各病棟に設置してある販売機にてご購入いただけます。 (1枚:1,000円)

入院中のお願い

安全に入院治療を行うために、ご協力をお願いします

病院では現金、貴重品、通帳などのお預かりはできません。金銭・貴重品は自己責任のうえ管理をお願いします。セーフティーボックスを用意していますが、盗難防止のため多額の現金や貴重品等はお持ちにならないでください。万が一、院内で所持品が盗難・紛失となった場合、当院は責任を負いかねます。

  • 患者さんの確認のために入院中は、ネームバンドを装着願います。
  • 気分や体調がすぐれない時は看護師にお伝えください。
  • 診療の都合上、ベッドを変わっていただく場合がございます。あらかじめご了承願います。
  • 火災等の非常時は職員の指示に従って、落ち着いて行動してください。
  • 入院生活は、共同の場です。他の患者さんのことでお気付きのこと、お困りのことがありましたら、患者さん同士で解決なさらず、看護師にお伝えください。
  • デイ・ルームやご自身のベッド周りは、毎日きれいに整理整頓しましょう。
  • 車の持ち込みは基本できませんが、治療上、車の持ち込みを許可された場合のみ、書類をご記入のうえ、車の鍵をお預かりいたします。
  • 生花は感染・衛生・アレルギーの問題から病院に持ってこられることはご遠慮願います。お見舞いの際に持って来られた場合、ご家族がお引き取り願います。

その他入院生活についてお気付きのことがございましたら、気軽に医師・看護師にご相談ください。

注意していただきたいこと

  • 電気製品をご利用の際は病棟師長にお申し出ください。
  • インターネットの接続はできません。
  • 大部屋でのテレビのご利用はイヤホンをご使用ください。イヤホンは売店で購入できます。
  • 日中のパジャマ姿はつつしみましょう。
  • 男女の病室の区別を守り、面会や談話などはデイ・ルームや面談室を利用しましょう。
  • 患者さん同士でのお金や品物などの貸し借りや、連絡先の交換、飲食物のやりとりはしないでください。
  • 病棟での飲酒や賭けごとは絶対にしないでください。
  • 不法な施設や備品の汚損、破損は病院規則により処理いたします。なお病院規則に反した際、退去していただくこともございます。

治療の効果を上げるために、ご協力をお願いします

  • 家族の付添いを希望される場合は、主治医または看護師にご相談ください。面会・外出・外泊をしていただく場合がございますので、ご協力願います。
  • 多職種との話し合いを積極的に行っています。ご家族もご参加ください。
  • 主治医と面談をご希望の方は、あらかじめ日時を予約してください。
  • 専属の精神保健福祉士に退院後のサービス等をご相談ください。

活動スケジュール

スクロールできます

午前
ミーティング
血圧測定
体重測定

シーツ交換
午後レク療法音楽療法ミニスタディ生活技能訓練集団作業療法

食事

栄養課のページはこちら⇒

私たちは、患者さん一人ひとりの病気に対して、個別に適切な栄養管理をすることに力を入れています。専門スタッフがそれぞれの知識や技術を出し合い、患者さんの栄養や体調の管理・分析・判定を行います。そのうえで、その患者さんにとって最もふさわしい栄養管理・全身管理方法を示し、患者さんの早期回復・早期治癒、そして社会復帰を目指しています。

病状によっては, 朝食ではごはんとパンを選ぶことができたり、食欲のない方には、麺類をおすすめしたり、食べられないも のがあったら、ゼリーなどに交換したりしています。こういった柔軟な対応にもカロリー計算は行われておりますので、ご心配なく食事していただけるようになっています。

スタッフ一同、勤務時間以外、特に外食などをし たときには、「どれを入院食に取り入れることができるのか」を考えるよう に心がけております。これからもスタッフ一同がんばってまいりますのでよろしくお願い致します!

敷地内禁煙にご協力ください

タバコは、吸う人自身の健康をそこなうばかりではなく、まわりの人たちの健康にも悪い影響を与えることが明らかになっています。当院では2006年12月1日より『施設内禁煙』に取り組み、受動喫煙防止、喫煙防止の教育、禁煙治療に努めています。みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。

入院患者さんのご案内・面会について

患者さんのプライバシー保護のため、電話での入院のお問い合わせにはお答えしておりません。

  • 面会時間は、10:00 ~ 20:00 までとなっております。
  • 感染予防のため抵抗力の弱いお子さんなどは、お連れにならないことをおすすめいたします。
  • 病状等によっては面会を制限させていただく場合もございます。
目次