現在、感染予防対策を徹底し、通常通り診療を行っております 新型コロナウイルス感染症への対策について

検査・治療実績

病院において、医療の質と医療安全向上のために、さまざまな機能について適切な指標を用いて数字にし、改善に役立てていくことが必要とされています。
福井厚生病院においても、病院にかかわる様々な指標を数字として表すように取り組んでおります。

目次

診療実績(2020年度 検査・治療)

消化器系

内視鏡検査件数(人間ドック、健康診断も含む)

上部消化管内視鏡4,721
下部消化管内視鏡1,075
S状結腸内視鏡102
内視鏡的逆行性膵胆管造影術21

内視鏡治療件数

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
長径2cm未満)
154
内視鏡的胃
十二指腸ポリープ・粘膜切除術
(早期悪性腫瘍粘膜下層)
5
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
長径2cm以上)
9
内視鏡的胆道ステント留置術14
内視鏡的消化管止血術3
内視鏡的乳頭切開術
乳頭括約筋切開のみのもの)
3
内視鏡的乳頭切開術
(胆道砕石術を伴う)
2
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ
粘膜切除術(その他)
2

循環器系

カテーテル検査件数

冠動脈造影58
スワンガンツ8

カテーテル治療件数 

経皮的カテーテル心筋焼灼術
(アブレーション)
35
経皮経管的冠動脈形成術(PCI)17
下肢動脈形成術2
シャント血管形成術19
ペースメーカー移植術3
ペースメーカー交換6

外科系

主な手術

  • 鼠径ヘルニア手術
  • 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
  • 胆嚢摘出術(腹腔鏡下も含む)
  • 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術)
  • 虫垂切除術
  • 噴門側胃切除術(悪性腫瘍切除術)
  • 幽門側胃切除術(悪性腫瘍切除術)
  • 胃全摘術

整形外科系

主な手術

  • 骨折観血的手術(大腿・前腕・鎖骨)
  • 人工骨頭挿入術(股)
  • 椎間板摘出術(後方摘出術)
  • 手根管開放手術
  • 人工関節置換術(股・膝)

リハビリテーション

部門別リハビリ実施単位数

総単位
(1単位20分)
外来47,058
一般病棟42,506
地域包括ケア病棟
(2016.8~)
32,037
回復期リハビリ病棟60,051

回復期リハビリ病棟実績

当院全国平均
年齢83.8歳76.0歳
一般病棟から
転棟までの日数
18.3日25.6日
回復期病棟の
在院日数
59.2日67.8日
脳血管・整形
疾患の割合
脳20.7%
整78.5%
脳47.0%
整44.6%
その他8.4%
在宅復帰率
(自宅・在宅系施設)
95.3%78.3%
リハビリ実施
1人1日平均単位
5.95単位6.32単位

褥瘡管理

褥瘡発生率推移

褥瘡発生率推移
スクロールできます
年度20162017201820192020
発生率(%)0.080.040.070.080.09

【計算方法】新規褥瘡発生患者数(※1)÷入院延患者数(※2)

  1. 入院時すでに褥瘡を保有していた患 者を除く
  2. 日帰り入院の患者・入院時すでに褥瘡を保有していた患者を除く

NCD(National Clinical Database)

件数推移

スクロールできます
年度20162017201820192020
外科手術総数293233214174129
うち消化器外科
手術件数

128

113

75

98

82

NCD(National Clinical Database)とは
福井厚生病院は、外科系の専門医制度と連携したNCD(National Clinical Database)が実施するデータベース事業に参加し、手術症例を全国登録しています。
この事業を通じて、全国的に集計されたデータを分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供するための情報を得ることができます。

外科手術部位別推移

部位/年度20162017201820192020
皮膚、皮下組織381453
咽頭、気管2  11
甲状腺、副甲状腺     
気管支、肺    
横隔膜     
動脈332245259
静脈884612
リンパ管
リンパ節
12111
乳腺     
胸壁     
食道 3 1 
膀胱4    
腹腔、ヘルニア2722232316
腹膜、後腹膜
腸間膜、綱膜
56352
胃、十二指腸1518966
胆嚢、胆道222172415
肝臓53112 
膵臓42 1
空腸、回腸
盲腸、虫垂
結腸
4132222135
直腸25388
肛門、その周辺116396
目次
閉じる